読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜか今日は

IT土方の生活。プログラミングとか趣味のこととか。

低血圧〜僕とカートと時々ファット・マイク〜

日記
僕は低血圧である。低血圧の定めなのか毎日ダウナーな朝を迎えている。
あまりにも辛くて20歳頃に「朝が来ると死にたくなる。」とカート・コバーンが言いそうな事を言った覚えがある。ニルヴァーナかぶれな発言だけど、それくらい朝が辛いのは今も変わらない。
 
そんな僕の朝は決して早いというものではなく、一般的な会社員と同じく9時の出勤に備えた生活を送っている。辛いが始業時間は待ってくれないので低血圧が尾を引いた状態で出勤するが、通勤電車で座れなかった日はもはや罰ゲーム。JRは通勤時間帯の低血圧者専用車両の導入が急がれる。
 
出来る事なら低血圧を理由に特例ということで我が社もフレックスタイム制、もしくは週三日程度の在宅勤務を導入して頂きたいところだが、残念ながら古きを重んじる社風のためそれが叶う見込みは今のところない。
しかし最近、誰が言い出したのかサマータイム導入の声が一部で挙がっており、個人的には迷惑極まりなく古きを重んじてよと思うばかりなのだが、仮に導入されたあかつきには電撃卒業も辞さない構えである。
 
ところで、そんなベテラン低血圧の僕もその改善を試みた事がない訳ではない。低血圧なら肉とチーズを食えと言われ言葉のままに動いてみたが、それは血となり脂肪となり、結果的に僕の体型は読んで字の如くファット・マイク*1に着実に近づいている。正直、身体が重い。
しかしどうか、そんな身体が重いファット・マイクが毎朝不機嫌だとしても、腹周りから黒烏龍茶のCMを連想したとしても、それなりの成果は出すのでどうか少しの間そっとしておいて欲しい。
 
朝だけは優しくしてよ。
 
言いたい事はそれだけである。 
45 Or 46 Songs That Weren't Good Enough to Go on O

45 Or 46 Songs That Weren't Good Enough to Go on O

 

 

*1:パンクバンド、NOFXのボーカル。太っているわけではなく、ちょっとふくよかなだけだ。ちょっとだけ。