なぜか今日は

IT土方の生活。プログラミングとか趣味のこととか。

ソニック・ザ・ヘッジホッグ25周年記念フィギュアをゲットした

sonic.sega.jp 今年25周年を迎えたセガソニック。 その記念にリリースされたフィギュアがゲームセンターに投入されたので早速ゲットしてきた。 と言ってもUFOキャッチャーの類が得意ではないので結構苦戦。 予想外にお金がかかってしまったが手に入ったので満足。

早速開封。

f:id:nazeka406:20160625215423j:plain お決まりのポーズ。 ソニックの色は最近の濃いタイプでなくてクラシックというかオリジナルモデルの色。 ねんどろいどソニックは色の濃いモデルだったけどこっちの色も良い。 というか最近の色の濃いスリムなソニックよりこっちの色で丸い方が馴染みがある。 ちなみにサイズはフィギュア15㎝弱で台座が2㎝といったところで結構大きい。

f:id:nazeka406:20160625215416j:plain 台座には25周年記念のプリント。 ちなみにフィギュアは台座にネジ止めされている。 注意しないといけないのは腕と足が細いので折れそうだということ。 鼻と尻尾はさらに細いので、 気を付けないといけない点はねんどろいどの時と同じみたい。

もう一体欲しいところだけどもう落とせる自信が無いので大事に飾ろうと思う。 その代わりにねんどろいどソニックの再販を淡く期待。 どこもプレミアなのか値段上がり過ぎ。

Amazonで予約受付中のザ・コレクターズの30周年ボックスセットの特典について

ザ・コレクターズの30周年記念ボックスセットが9月に発売する。 コレクターズのCDは初期になるほど手に入りづらいし、 再販がいつになるかわからないのでAmazonで予約注文していた。 値が張るのは違いないけど、収録枚数を考えたらそこまで高くない気がする。

しかしある日、Amazonに僕が予約したものとは別に【早期購入特典あり】と前書かれたボックスセットが予約を受け付けていた。

このボックスセット、特典にバンドスコアが付く事になっているんだけど、 僕が注文していた方の前書きの無いボックスセットはこのバンドスコアが特典に付くのか気になりだした。

せっかく予約しておいて特典が無い、しかもそれがバンドスコアとなるとテンションもダダ下がりなので 試しに日本コロンビアに問い合わせしたところ、メールフォームに入力したメールアドレスが間違っていたらしくわざわざ電話を下さった。

担当の方曰く、前書きのある方は特典がつくけど僕が予約した方は特典がつかない。 ただ、念のためにAmazonに問い合わせてみて欲しいとの事だった。 先に予約しておいて特典無しとかマジかよと思ったけど、Amazonで販売する際の仕組み上そうなってしまうらしい。

さしあたりの疑問は解決したので通話後Amazonに確認は取らず予約をキャンセルし、今度はタワーレコードで予約しなおした。 とりあえずタワーレコードは間違いなさそうなのでひと安心だけど、電話で突然「日本コロンビアです。」と言われた時は流石に焦ったのは言うまでもない。

梅雨入り早々で夏にはちょっと早いけど、コレクターズのマイアミビーチは僕の中でTUBEを抜いてる。


The Collectors / マイアミビーチ

新幹線でノートPCが壊れた話とThinkPad X121e再購入まで

東京行きの新幹線車中で使用中のノートPCが壊れた。

座席の足元にあるコンセントに繋いで使用していたんだけど、突然電源が落ちた上、ACアダプタからの電源供給中に光るはずのインジケータが光らなくなった。

バッテリーやメモリを外して起動を試みたけど結局ダメだったので東京に到着後、用事の合間を見て秋葉原へ。 本当はThinkPad専門店のThink Factoryというところに行きたかったんだけど、残念なことに定休日だったのでUNITCOMでワンコイン診断してもらった。

f:id:nazeka406:20160612010203j:plain

早速10分程度チェックしてもらったところ、ACアダプタからはちゃんと電気が流れているし、 バッテリー起動できないことを踏まえるとマザーボードの電源ユニットが壊れている可能性が高いとのこと。 ひょっとすると振動が原因かもしれないけど、電源ユニット故障の方が可能性が高いとの診断。

店員の方曰く、新幹線のコンセントは電圧が結構上下するらしくJR西日本JR東日本の管轄が変わるあたりは結構危ないらしい。 管轄による電圧変動のあたりは正直信憑性に欠ける話なんだけど、どちらにしてもこういう事があったので余程でもない限り今後新幹線のコンセントは使わないと思う。

PCが壊れたのは事実でWindowsノートが無いのも困るので、ThinkPad専門店のBe-StockでまたThinkPad X121eを購入した。 新しいPCを購入しても良かったんだけど、先日増設したメモリと同時期に注文していたバッテリーが勿体なかったのでX121eにした。

中古だし同型なので何も真新しさはない。 唯一ラッキーだったのは、増設していたメモリもSSDも無傷だったこと。 Windowsのライセンス認証だけはNGだったけど換装して普通に使えている。

というかWindowsのライセンス認証、ちゃんとハード交換でNGになるようになっていた。 高い勉強代だったけどそれが知れて良かったとポジティブにこの件を締めてみる。

SP シリコンパワー ノートPC用メモリ  DDR3 1600 PC3-12800 SO-DIMM 8GB×2枚 永久保証 SP016GBSTU160N22

SP シリコンパワー ノートPC用メモリ DDR3 1600 PC3-12800 SO-DIMM 8GB×2枚 永久保証 SP016GBSTU160N22

Lenovo ThinkPad X121eのメモリを8GBに増設した

f:id:nazeka406:20160522211845p:plain

Lenovo ThinkPad X121eのメモリをDDR3-1600(PC3-12800)の4GBx2枚、計8GBに増設した。 安定のじゃんぱらで20%割引、3000円で購入。 増設と言っても実質メモリを全部入れ替えたので交換になるんだけど細かい事は良し。

もともとこのPCに搭載されていたメモリは2GBと1GBの計3GB。 PCは中古で手に入れているのでどういう経緯で3GBなのか分からないけれど、2GBモデルにカスタマイズで1GBを追加したんじゃないだろうかとか勝手に思っている。

増設の結果、メモリ容量5GBプラスとデュアルチャネルの効果は全体的に早いのが体感できる程度にあって、使いながらも気になっていたVisualStudio 2015 Communityのフリーズも少なくなった。 これだけでも十分満足。

f:id:nazeka406:20160522212330j:plain

ところで、ThinkPad X121eのメモリ規格はDDR3-1333(PC3-10600)なんだけれど、実装されていたのは何故かDDR3-1600(PC3-12800)とDDR3-1066(PC3-8500)。 メモリに貼られたラベルがLenovoなので恐らく出荷時に実装されたままの状態なんだろうけど、何故規格の表記通りDDR3-1333を搭載しなかったのか謎。 きっとコストダウンなんだろうけど、普通に使えていたけど遅い状態で動いていたと思うとちょっと損した気持ちになった。

といっても、DDR3-1333が在庫で無かったのでDDR3-1600を増設しているので今度はちょっと勿体ないことをしてるんだけど。

このPCには持ち歩き用でもうちょっと頑張ってもらいたいと思う。

nazeka406.hatenablog.com

BUFFALO PC3-12800(DDR3-1600)対応 204Pin DDR3 SDRAM S.O.DIMM ノート用 4GB D3N1600-4G/E

BUFFALO PC3-12800(DDR3-1600)対応 204Pin DDR3 SDRAM S.O.DIMM ノート用 4GB D3N1600-4G/E

ペダルトレインを使った時の配線を考えてみる

f:id:nazeka406:20160519024402j:plain

ペダルトレインのラインナップが刷新されて僕の持っているミニが販売終了していた。 と言っても基本的にサイズが見直されたくらいでペダルトレインそのものの作りは変わっていないみたい。 値段も相変わらず高めな設定。

このあたりがサイズ的、値段的にもミニの後継モデルみたい。

f:id:nazeka406:20160519024401j:plain

そのペダルトレインの小型モデルはフラットな形状でゴム足の高さしかない。 限られたスペースの中でケーブルを上手く纏めないと、何かに引っかかったりゴム足で踏んでしまって断線トラブルが起こるかもしれない。 そういったトラブルを回避するためにケーブルを表(上?)に出しておいても良いけど、それだと何となくペダルトレインを使用する意味が無くなってしまう。

ケーブルをフレームに結束バンドで固定しても良いけど、固定してしまうのはボードに載せるエフェクターを替える時に面倒。 そこで別のケーブルの纏め方を考えてみた結果、 100均の文房具コーナーに置いてある両面テープで貼り付けるタイプの壁掛けフックを使用することにした。

f:id:nazeka406:20160519024403j:plain

このフックを…

f:id:nazeka406:20160519024400j:plain

折り曲げた時に向きが上になるようにペダルトレインのフレームに貼る。

フックは100均で普通に手に入るけど、サイズが小さいものはパッチケーブルの太さに対応できない可能性が高いのでこの作業には不向き。 サイズが選べるなら大きいものを選ぶと良いと思う。

f:id:nazeka406:20160519024359j:plain

あとはケーブルに負担がかからない程度にフックを折る。 分かりづらいけど、この状態でフレームより下にケーブルがいかないので接地しない状態が作れる。 というのをボードを買ってすぐにやっていたんだけど、先日フックを大きくする必要があったので良い機会なので書いてみた。

ペダルトレインに使うパワーサプライの定番。